自分の人生をこの1冊に。今年は「ほぼ日手帳」を使います

ほぼ日手帳使います

新年になり、2016年の手帳を早速開封したという方もいらっしゃるのではないでしょうか。私も早速、昨年購入した手帳を開封しました!

毎年、数多くのメーカー・ブランドから手帳が発売されていますが、私が今年の手帳に選んだのは、ウェブサイト”ほぼ日刊イトイ新聞”が作っている「ほぼ日手帳」。

「ほぼ日手帳」はあまりスケジュール帳に興味がない方でも、『MOTHER』コラボのカバーが発売されたので、名前はなんとなく知っているという、ゲームファンの方も多いかと思います。私も『MOTHER』のカバーでほぼ日手帳が気になり、とうとう今年「ほぼ日手帳」デビューをしました。

2016年の手帳は「ほぼ日手帳」に!

ほぼ日手帳2016

ほぼ日手帳のラインナップは、文庫本サイズの「オリジナル」、A5サイズの「カズン」、 週間タイプの「WEEKS」、 英語版の「Hobonichi Planner」の4種類。

どせいさんデザインのカバーがある「WEEKS」も気になりましたが、1日1ページ書けるスペースがあるというのに惹かれ、今回は文庫本サイズの「オリジナル」を購入しました。

たくさん書き込もうとするとちょっと物足りないかな?と思うサイズではあるものの、1年目なので、まずは様子見で小さめのオリジナルに。続けられそうなら、来年はサイズの大きいカズンや、ページ数が半分ずつになった半年版のavecの購入も検討しています。

そしてカバーは『MOTHER』デザインのカバー!…ではなく、シンプルなデザインの「フランボワーズショコラ」に。

『MOTHER』デザインのカバーも2種類購入しているのですが、実際に使うならシンプルなデザインの方がいいかなぁ…と思ったので、今回は別デザインのカバーにしました。

ページ数は1日につき1ページ!

ほぼ日手帳ページ

ほぼ日手帳には、メモや月間カレンダーといった基本的な手帳のページだけでなく、1日につき1ページのスペースも用意されています。

このページは24時間の時間軸が書かれていたり、todoリスト用のチェックボックスがあったりと、タイムスケジュールや予定を書きやすいように作られていますが、使い方は持ち主の自由。細かく予定を書きこむのはもちろん、日記帳のようにその日の出来事を書いたり、イラストを描いたり、チケットや雑誌の切り抜きを貼ったりなど、自由な使い方ができるページになっています。

小さな気配りが嬉しい

ほぼ日手帳

手帳の本体にも、折りたたまれた紙が1枚。中を開くと手帳の使い方が書いているのですが、まずこの言葉が目に入るように折りたたまれています。

 

ほぼ日手帳カバー中

そしてカバーにも、カードポケットの中に注意書きの紙が1枚。

裏面にはカバー使用時の注意点が書かれていますが、表面には「これから1年過ごす手帳にほぼ日手帳を選んでいただき、ありがとうございます」と、暖かい言葉が書き添えられています。

とても細かい所ではありますが、こういうところまで言葉にこだわられていると、なんだか開封した瞬間から幸せな気分になりますね。

豊富なアイテムで自分好みにカスタマイズ

ほぼ日手帳文房具

また、豊富な手帳カバーだけでなく、ほぼ日手帳と同じサイズで一緒に使える下敷きやクリアファイル、ほぼ日オリジナルのふせんやシールといった商品も沢山あるので、他の商品と組み合わることでより便利に使うことができます。

私もほぼ日手帳オリジナルのサイズにピッタリの「下敷き」と、マークを描いたり長さを測ることもできる「テンプレート ふきだし」を購入しました。

 

ダウロードシティ

さらに、ほぼ日手帳公式webサイトでは、印刷して使える追加ページが無料で配布されているので、もっとページを拡張して自分好みにカスタマイズすることも可能です。

追加ページは「連絡先リスト」や「ジョギングの記録」といった実用的なページだけでなく、「ラジオ体操カード」や「らくがき用の肖像画」など、少し変わったユニークなものまで揃っています。

また、webサイトでは他のほぼ日手帳ユーザーさんの使い方や、手帳の中身も紹介されているので、なんとなく使い方に迷った時に参考にするとよさそうです。商品やwebコンテンツが充実しているのも、有名ブランドならではの特典ですね。

ほぼ日手帳の購入を決めたきっかけ

ほぼ日手帳に興味をもったきっかけは『MOTHER』コラボのカバーではありますが、購入の決め手になったのは、ほぼ日手帳のテーマであるこの言葉。

なんでも書いてください。
仕事のこと、遊びのこと、
特別なこと、何でもないようなこと、
思い、メモ、絵、予定、ひとりごと、
写真を貼ったり、色をつけたり。
なにも書いていない真っ白のページだって、
「そういう一日」です。

あなたの一日一日を、
生活を、人生を、LIFEを、
ほぼ日手帳につめこんでください。

ほぼ日手帳は、「LIFEのBOOK」。
あなたがつくる、あなただけの一冊です。

「えっ、なにも書かない日があっていいの!?」と。そりゃそうなんですけども、”毎日書けないから”、”あんまり活用できないだろうから”と思ってしまって、日記帳や手帳の購入を踏みとどまっていた私にはとても衝撃的な一言でした。

ほぼ日手帳の購入を迷っているも”どうせ買っても続けられないんじゃ…”と思っていたので、この一言に背中を押されて購入を決意したのでした。

わたしのほぼ日手帳の使い方

ほぼ日手帳の使い方は自由はスケジュール帳としてではなく、ブログとは別の趣味の日記帳にしようかと思っています。

1日1ページの他にも、月間カレンダーや年間インデックスといったページがあるので、スケジュールを書けるスペースは十分あるのですが、予定はなるべく書かず、趣味のことや楽しかったこと、その日に思った事を書き綴っていく予定です。

おわりに

以上、ほぼ日手帳の紹介でした。

このようなページ数が多い手帳を買ったのは初めてですが、先に買ったほぼ日手帳のガイドブックを参考にしつつ、試行錯誤をしながら書いていこうかと。

とりあえず、空きスペースにマスキングテープを貼ってみたり、必要なメモを書き写したりと、少しずつ使いやすいようにカスタマイズをしていきたいですね。

スリムなサイズのWEEKSはAmazonでも販売されているので、今年の手帳をまだ用意されていない方は「ほぼ日手帳」を使ってみてはいかがでしょうか。