2015年に遊んで特に面白かったゲームまとめ

面白かったゲーム2015

本日で2015年も終了ですね。昨年度は「2014年に遊んで面白かったゲーム10選」という記事を書きましたが、今年も1年の締めくくりとして、今年遊んで面白かったゲームを発表します!

2014年の時は、2013年以前に発売されたゲームも含めて紹介していましたが、今回は2015年発売のゲームに絞りました。

2015年遊んで面白かったゲーム

スプラトゥーン

B00VDVY1C8

スプラトゥーンのおかげで夜更かしを続けてしまい、生活リズムがおかしくなってしまった人も多いはず。私も例に漏れず、今年一番遊んだゲームです。気づけば朝になっていたということが、何回あった事か…。

現時点で2016年1月までアップデートが続けられることが発表されていて、1月以降もフェスは開催されるとのことなので、まだまだ来年もスプラトゥーンの勢いは止まらなさそうです。

ファイアーエムブレム if

B00VFT54UG

『ファイアーエムブレム』シリーズは毎回、周回プレイをして遊んでいるものの、前作『覚醒』のシステムとストーリーが自分には合わなくて1周しかできなかったんですよね。

なので今作、『if』も覚醒がベースだったのが不安でしたが、ifは白夜王国・暗夜王国・インビジブルキングダムすべて購入して何週もするほどハマりました。前作はクロムとマイユニが強制結婚させられて「???」ってなってしまってエンディングも茫然としてしまったので、

ただ、結婚システムが苦手でS支援会話を全く見ていないので、未だに子世代のキャラには一人も会っていません。来年は支援会話埋めもしたいですね…。

どうぶつの森 ハッピーホームデザイナー

B012BYUG7Y

『どうぶつの森』シリーズのお部屋作りに特化したタイトルです。

エクステリアも自由にカスタマイズできるのはもちろん、窓のデザインも変更したり、天井にも飾りを付けれたりと、今まで「これがやりたかった!」と思っていたことができるようになりました。
『どうぶつの森』で村整備やインテリアを作るのが好きな人向けの、少しニッチなタイトルではありますが、シリーズのファンなら非常に長く遊べます。

ちなみに当ブログでは毎週月・水・金曜日の17時に、『ハッピーホームデザイナー』のプレイ記事を更新していますが、2016年もしばらく定期更新は続きます。もし全キャラの攻略記事を書こうとしたら、350記事は超えますね…。

スーパーマリオメーカー

B012RDUHPK

スーパーマリオのステージを作ったり、他の人が作ったステージを遊ぶこともできる夢のようなゲームです。インターネットサービスが続く限り、無限に遊べそう。

他のユーザーが作ったステージを遊ぶのも楽しいですが、友達と集まって一緒にコースを作ったり、作ったコースを遊ばせたり、作ってもらったコースを遊ぶのも楽しいので、親戚が集まる年末時期にもピッタリのゲームです。

マリオメーカーでステージを遊んで思った事は、気持ちよくクリアできるくらいのちょうど良い難易度のステージを作るのって難しいんですね…。高難易度や低難易度のステージは簡単に作れますが、中級レベルのステージを作るのが一番難しい。
操作の基本が全て詰め込まれている、スーパーマリオブラザーズ1-1の出来のよさを改めて実感しました。

ゼルダの伝説 ムジュラの仮面3D

B00S66U7ZI

今年の2月に発売された、待望のリメイク作です。

私がムジュラの仮面を初めて遊んだのは小学生で、当時は難しくてクリアできませんでした。
ゼルダファンと名乗っているにもかかわらず、ムジュラを最後まで遊べなかったことが心残りで、VCでダウンロードしていつか遊びたいと思っていたので、リメイク作が発売されたのは本当に嬉しかったです。

大人になってやっとエンディングを見れて、ハートのかけらとサブイベントもコンプできたので、感動もひとしおでした。

…が、小学生の時は怖さは感じなかったのに、クモの館がとにかく怖くて、クモの館のクリアだけで2週間はかかった気がします。多くの子供にトラウマを植え付けた本作ですが、私は大人になってからトラウマを植え付けられました…。

おわりに

今年はスマートフォン・ブラウザゲームに多数手を出したので、家庭用ゲーム機のソフトは昨年と比べると、遊んだ本数は少な目です。と言っても、購入しただけで未開封のゲームが多数あるので、ゲームソフトの購入本数自体は今までと変わりませんが…。

他にも未開封でレビューしきれていないグッズやamiiboもあるので、来年は新作タイトルも遊びつつ、それらも消化していきたいですね。