アマゾンギフト券をチャージすると「1000円」か「2000円」分のポイントが貰えるキャンページ実施中!

【2021年版】New3DS/New2DSLL用SDカードを選ぶポイントと、オススメのSDカードまとめ

Newニンテンドー3DSには4GBのmicroSDカードか付属していますが、たくさんのゲームや追加コンテンツをダウンロードすると、あっという間になくなってしまいますね。とはいえ、価格も安いモノから1万円を超えるような高級品まであって、どれを選べばいいのか迷っている方もいらっしゃるかと思います。

ということで、今回はNew3DSとNew3DS LL、New2DS LLに使用するmicroSDカードを購入するときに重視したいポイントと、オススメのSDカードを紹介します。

※旧型3DS/3DS LL/2DS用のオススメSDカードまとめはこちら

あわせて読みたい
【3DS/2DS】3DS用SDカードを選ぶポイントと、オススメのSDカードまとめ 先月、MH4Gのダウンロードカードを購入したのですが、ダウンロードカードの購入後に16GBのSDカードの容量が足りなくてダウンロードできないことに気づき、32GBのSDHCカ...
目次

New3DS用のSDカードを選ぶポイント

以前解説した内容のほぼ同内容となってしまいますが、SDカードを選ぶ際に重視したいのは、以下の2つ

  • microSDカードの容量
  • Class数

microSDカードの容量

New3DS/New3DS LL/New2DS LLは、32GBまでのmicroSDメモリーカードに対応しています。GBの数字が大きくなればなるほど、たくさんのセーブデータやダウンロードゲームソフト、追加コンテンツ等を保存することができます。

容量はDL版ゲームをあまり買わなくても、追加コンテンツや無料DLソフトなどで案外容量を使うので、最低でも8GBは欲しいかなと。ただ、SDカードの入れ替えにドライバーが必要で少々手間がかかるので、どうせ買うなら最大容量の32GBを選んだ方が後々楽で安心感があると思います。

ちなみに私はゲームソフトはDL版ではなくパッケージ派ですが、16GBのSDカードの容量を使いきるまで2年半かかりました。

容量が少なければ値段も安くなると思うかもしれませんが、大容量のSDカードでもかなり安く買えるようになった現在では、逆に容量が少ない方が高い場合もあります。
私が購入した時期は16GBと32GBだと金額差があったので安く買える16GBにしましたが、もし今買うなら迷わず32GBを選びますね。

Class数

ClassはClass2(2MB/sec)、Class4(4MB/sec)、Class6(6MB/sec)、Class10(10MB/sec)の4種類となっています。

こちらのClassとは、読み書き時のデータの転送速度の最低保障スピードの事。数字が多ければ多いほど最低読み込み速度が速くなるので、購入の際はClass10のSDカードを選びましょう。

ただし、今は大体のSDカードはClass10なので、こちらはそんなに意識して調べなくても大丈夫です。

任天堂のNew3DS用SDカード

microSDメモリーカード for Nintendo Switch(任天堂ライセンス品)

以前は任天堂から3DS用のSDカードが発売されていましたが生産終了してしまったので、現在はホリから発売されているNintendo Switch用のSDカードが、任天堂のライセンス商品となっています。

種類が多すぎて何を選んだらいいのか悩む・他製品のSDカードはサポートが不安・任天堂公式品以外を使うのは不安という方には、一番お勧めのSDカードです。

ただ、前述したように3DSは32GBまでの対応なので、任天堂ライセンス品であるSwitch用のSDカードでも64GB以上の物は3DSでは使用できません。もしswitch用のSDカードを3DS/2DSで使いたい方は容量にご注意ください。

また、こちらの任天堂公式商品はキャラクターの絵柄が描かれた限定デザインのSDカードもあります。32GB以上のもあるので購入の際は容量にご注意ください。

任天堂動作確認済みのSDカード

以下で紹介する任天堂動作確認済みSDカードは2014年までの情報です。現在は全て生産終了し、新モデルが発売された商品は任天堂による動作確認が行われておりません。 任天堂公式推奨品は上で紹介したホリ製のswitch用SDカードのみとなっています。

SanDisk Extreme【生産終了】

Class10、最大60MB/秒の読取り速度、最大40MB/秒の書込み速度。ゲーム機ではなく、モバイル端末での使用を想定して作られているので防水、耐温度、耐衝撃、耐X線仕様と、耐久性にも優れています。

SanDisk Extreme PLUS【生産終了】

Class10、最大80MB/秒の読取りスピード、最大50MB/秒の書込みスピードの超高速microSDHCカードです。こちらも上記のSdカードと同じく、防水、耐温度、耐衝撃、耐X線仕様です、

とにかく丈夫なSDカードが欲しい!という人に、”SanDisk Extreme”シリーズをお勧めします。

SanDisk ExtremePRO【生産終了】

Class10、最大転送速度95MB/秒。非常にハイスペックなのですが、その分お値段もお高めとなっています。高くても性能の良いSDカードを選びたい、1秒でも速度を早くしたいという人向けの商品です。

ただ、「このSDカードに替えて劇的にロード時間が早くなりました!」みたいな書込みや、ロード時間の比較映像等は探してみても無かったので、3DSのためだけにこれを買うのはちょっと勇気がいるような気がします。

東芝microSDHCメモリーカード【生産終了】

class10、最大転送速度約30MB/秒。カメラと違って雨の日に外に出す機会は滅多にないと思いますが、防水仕様です。

国内メーカー品という安心感はあるものの、容量が8GBのみというのは少々心もとないですね。

3DSでの動作確認が行われた低価格・高性能なSDカード(2021年時点)

ココからはメーカーがNew3DSでの動作確認済みで、高性能・低価格のSDカードを紹介します。(任天堂が動作確認を行った製品ではありません)

Transcend microSDカード 32GB TS32GUSD300S-AE

Amazon限定の格安microSDカードです。Class10、最大読込速度60MB/秒。トランセンド・ジャパンによるNewニンテンドー 3DS動作確認済みとなっています。

最大の特徴は、何といっても値段の安さ。32GBのClass10で1000円以下というリーズナブルさとなっています

旧型3DSでは同じくTranscendの低価格なSDカードを利用していますが、読込スピードの不満、データ破損といったトラブルも無く、快適に使用できています。

容量は32GBと16GBの2種類ですが、32GBと16GBはほぼ同じ金額なので、買うなら32GBでいいかなと思います。

GAUDI microSDカード

GAUDI(ガウディ)製のmicroSDカードも、3DSとswitch動作確認済み商品です。発売日は2019年。

16GBはないので、3DSで使えるのは32GBのみですが、お値段はまさかの800円以下(2021年5月時点)。
この記事を書いた当時は安さと評価を兼ね備えつつもメーカー動作確認済み商品はトランセンドくらいしかなかったのに、さらに上を行く商品が出ていました!

まとめ

おわりに

以上、Newニンテンドー3DSで使用できるオススメのmicroSDカードを紹介させていただきました。

Newではない旧型の3DSは、microSDカードではなく、SDHCカード対応となっています。今回紹介したSDカードは旧型3DSと3DSLLでは使用できないのでご注意ください。 (付属しているアダプタを使用すれば旧型3DSで利用できますが、自己責任で)

【旧型3DSとNew3DSのスペック比較はこちら!】

あわせて読みたい
【2021年版】実はこんなにパワーアップ!旧型3DSとNew3DSの違いを紹介します【生産終了】 任天堂の公式動画で、旧型とNewの処理速度の検証動画がアップされましたね。この動画をきっかけに、New3DSへの買い替えを検討した方もきっといるはず。 とはいえ、見た...

【旧型3DS/2DS用のオススメのSDHCカードを紹介しています】

あわせて読みたい
【3DS/2DS】3DS用SDカードを選ぶポイントと、オススメのSDカードまとめ 先月、MH4Gのダウンロードカードを購入したのですが、ダウンロードカードの購入後に16GBのSDカードの容量が足りなくてダウンロードできないことに気づき、32GBのSDHCカ...

【switchにオススメなmicroSDカードはこちら!】

あわせて読みたい
Switch用microSDカードを選ぶポイントと、オススメのmicroSDカードまとめ Switchには32GBの本体保存メモリーが内蔵されていますが、スクリーンショットを撮影してダウンロードゲームを数本買うと32GBはすぐに使い切ってしまいますよね。とはい...
記事をシェアする
目次
閉じる