Switch用microSDカードを選ぶポイントと、オススメのmicroSDカードまとめ

Switchには32GBの本体保存メモリーが内蔵されていますが、スクリーンショットを撮影してダウンロードゲームを数本買うと32GBはすぐに使い切ってしまいますよね。とはいえ、同じ容量でも値段がメーカーによって大きく違っていたり、専門用語が多くてどれを選べばいいのか迷っている方もいらっしゃるかと思います。

ということで、今回はSwitchとSwitch Liteに使用するmicroSDカードを購入する際に重視したいポイントと、オススメのmicroSDカードを紹介します。

microSDカードを選ぶポイントも解説しているので、オススメのmicroSDカードまで読み飛ばしたい方はこちらをクリックしてください→オススメSDカード一覧

Switchで使えるmicroSDカードの種類

Switchで使用できるSDカードは以下の3種類。

  • microSDメモリーカード
  • microSDHCメモリーカード
  • microSDXCメモリーカード※本体更新で使用可能

SD・SDHC・SDXCの3種類ありますが、これら3つの違いは簡単に説明しますと容量が違います
microSDメモリーカードが最大2GB、microSDHCメモリーカードが4GB~32GB、microSDXCメモリーカードが64GB~2TBです。

ただし、microSDメモリーカードの2GBはゲームソフトが1本もダウンロードできない少なさなので、実質HCかXCの2種類と思ってください。

microSDXCを使用するには、インターネットに接続して本体更新する必要があります。

2TBのSDカードなんてあるの!?と驚かれたでしょう。しかし、SDCXカードの規格上の最大容量が2TBであって、2TBのmicroSDXCカードは現時点でまだ販売されていません。
1TBならありますが、家電量販店で買うと10万くらいするので、気軽に出せる金額ではないですよね…。

そもそも「よーしDLソフト全部買っちゃうぞー」「毎秒スクショ撮るもんねー!」という人でなければswitchで2TBも使いません。

Switch用microSDカードを選ぶポイント

Switchで使うmicroSDカードを選ぶ際に重視したいのは、以下の3つ

  • 容量
  • UHS-I対応の有無
  • 読み込み速度(Class数)

容量とmicroSDカードに保存できるデータについて

上記しましたが、switchではmicroSDXCメモリーカードが使えるので2TBまで容量に対応しています。

microSDカードに保存できる内容はダウンロードソフト、追加コンテンツ、更新データ、キャプチャーボタンで撮影した画面写真と動画です。セーブデータは本体内蔵のためSDカードには保存できないので、複数のmicroSDカードを使って1つのゲームのセーブデータを何個も作るといった使い方はできません。

容量はどのくらい必要?

私はパッケージソフト中心ですが、switch本体に内蔵されている32GBだと少なすぎましたので、パッケージ派の人も最低64GB。テトリス99など無料DLソフトも多数あるので余裕を持って128GBは欲しいかなと思います。

金額面でも16GBと同じ値段で32GBが買えて、そこからあと数百円出すだけで64GBのmicroSDカードが買えます。容量いっぱいになってデータ移行する手間や買い替える金額を考えたら最初から64GB以上を選ぶのが結果お得じゃないかなと。

ダウンロード派の場合は128GBだと厳しいですが、ソフトで言うとゼルダBotWはDLC込み15.7GB、マリオオデッセイで5.6GB、スプラトゥーン2はDLC込み8.1GBと控えめな容量なので、遊ばないソフトはある程度削除して整理すれば256GBでも十分かなと思います。

10GB以上の容量を持つ大作を主に遊び、ダウンロードしたソフトは削除せず入れたままにしておきたいなら512GBがオススメです。

UHS-Iについて

高速読込の目安となるのが、UHS-I対応の有無。ざっくり説明するとUHSというのは「Ultra High Speed」の略で、その名の通りデータを転送速度できることを表しています。

UHS-I規格のSDカードは商品名に記載されていたり、SDカードにマークが付いてあります。ただ、現在販売されているmicroSDカードには大体UHS-I規格なのであまり気にしなくても大丈夫です。

UHS-IIのmicroSDカード自体はswitchでも使用できますが、UHS-II規格の読み込み速度には対応していないため、UHS-II速度での使用はできません。

転送速度について

ゲームの読込速度に関わってくるのが「Class数」。こちらの数字が大きくなるほど速度が速くなり、最高が「Class 10」となります。といっても、大体のmicroSDカードが今はClass10対応なので、UHSと同じくあまり気にしなくても問題ないです。

任天堂公式ライセンスのmicroSDカード

マイクロSDカード for Nintendo Switch(HORI)

B0756C8ZZB

唯一の任天堂公式ライセンス商品がこちらのHORIから販売されているmicroSDHCカード。容量は16GB/32GB/64GB/128GB/256GBの5種類用意されています。

種類が多すぎて何を選んだらいいのか悩む・SDカードにもSwitchのロゴが入ってる方が良い・任天堂公式品以外を使うのは不安という方には、一番オススメです。

ただしSwitch本体のアップデートでさらに容量があるmicroSDXCも使えるようになったので、256GB以上のSDカードを使いたい人は別商品から選ぶことになりますね。

任天堂公認のmicroSDカード

サムスン EVO Plus

公式ライセンス品ではありませんが、任天堂ストアでも販売されているのがこちらのサムスン EVO Plus。microSDXCとmicroSDHCの2種類で、容量は32GB~512GBとなっています。ちなみに私はサムスンの128GBをswitchで使っていますが、今の所不具合も無く快適に遊べています。

上で紹介したHORI製のより半額以下で買えるので、金銭面と任天堂ストアで販売されているという安心感の両方欲しいならこちら。512GBのmicroSDカードもあるので、HORIの256GBじゃ容量が足りなさそうという人にもオススメです。

サムスンに限らず、AmazonではSDカード類は並行輸入品・海外パッケージ商品も販売されているのですが、そちらはAmazon以外の業者が販売していて偽物や容量が送られてくる事もあります。
購入の際は必ず「Amazon.co.jpが販売・発送」と書かれた商品を選んでください。

メーカー動作確認済みの低価格・高品質なmicroSDカード

ここからはメーカーがswitchでの動作確認を行った商品で、特に安いmicroSDカードを紹介します。(任天堂が動作確認を行った製品ではありません)

SanDisk Ultra SDSQUAR

容量は32GB/64GB/128GB/256GB/400GB/512GBの6種類。

4Kカメラにも対応している高性能なExtreme(金色)というのSDカードもありますが、switchで使うならUltraで十分です。

Transcend microSDカード

容量は16GB/32GB/64GB/128GB/256GBの6種類。こちらはswitchだけでなく、3DSも動作確認が行われた商品です。

上で紹介したサンディスクより安く、現時点でメーカー動作を行った中で一番最安値のmicroSDカードとなっています。512GBは残念ながらありませんが、256GBも4000円ちょっとで買えるという驚きの安さ。256GBが欲しいけどできるだけ安く済ませたいならコチラですね!

まとめ

  • Switchで使えるmicroSDカードの容量はmicroSDXCメモリーカードの2TBまで
  • 保存できるデータはダウンロードソフトや追加コンテンツ、撮影した写真でセーブデータは保存できません
  • 任天堂公式ライセンス商品はホリから販売されているmicroSDカードのみ
  • 任天堂公認商品はサムスンのEVO Plus
  • 安く購入したいならメーカー動作確認済みのトランセンドジャパンかサンディスクがオススメ

終わりに

パッケージソフト中心でもDL版限定セールが行われた際にダウンロードソフトを購入したり、頻繁に起動するソフトや発売日すぐにやりたいゲームはあらかじめダウンロードで予約するかと思いますので、意外と容量使いますね…。