バッテリーだけじゃなく耐久性も強化!新型Switchの特徴

2019年8月に販売開始されたNintendo Switchの新型モデルについてご紹介します!

見た目は以前のSwitchと同じですが、性能はバッテリー以外にもひっそりと改良されていました。

新型Switchはバッテリー持続時間が長くなりました!

携帯モードで遊んだ場合のバッテリー持続時間が旧型switchは2.5時間~6.5時間だったのに対し、新型Switchは4.5時間~9時間になりました、

バッテリーの時間はゲームによって変わりますが、もし『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』を遊んだ場合、新型は約5.5時間で旧型は約3時間とのこと。同じゲームでも2.5時間も長くなったので、携帯モード中心に遊ぶ人にはかなり大きい差ではないでしょうか。

バッテリー持続時間がアップしたのはバッテリーが変わったからではなく、CPUが改善された結果。そのため、バッテリー延長の他にも旧型よりも発熱が抑えられ、消費電力が削減されたという改善点もあります。

参考:Updated Nintendo Switch uses 40% less energy | VentureBeat(海外サイト)

新型Switchと旧型Switchの見分け方

旧型Switchと新型Switchの見分け方はパッケージです。新型は赤色の箱で通販サイトでは「バッテリー持続時間が長くなったモデル」と表記されていて、旧型は白色の箱にニンテンドーeショップでつかえる3000円分のクーポンコードが付属しています。

店頭は全部新型になっているか旧モデルの在庫がある場合は店員さんに説明を受けると思いますが、お店でご購入の際は新型・旧型間違えないようにお気を付け下さい。

なお、「ドラゴンクエストXI S ロトエディション」や「ディズニー ツムツム フェスティバルセット」など、新型が発売された2019年8月30日以降に出たゲームソフト同梱版は全て新型Switchとなっています。

終わりに

「携帯モードでは遊ばないから3000円クーポン付きの旧型でもいいかな」となりそうですが、発熱が抑えられることで本体の耐久性もアップされたので、長い目で見たら新型モデルの方が良いかと個人的には思います。

バッテリーは従来と変わらずなのにチップを変えただけでバッテリーや消費電力が改良されたのは凄い事だと理解しても、正直使う側としては「それだけ?」感は否めませんね…。熱が抑えられる点では携帯機では遊ばない人にも恩恵はありますが、それだけのために買い替えられるか?と言うと微妙なところ。

性能UPしたSwitch Proとか、熱こもりが改善されたドッグとか出してほしいですね。

【新型Switch】

【旧型Switch】

【こちらもお忘れなく!】

Switch関連の記事

どちらを選ぶべき?新型switchとswitch Liteの違いを紹介します

2019年12月11日

値段と見た目が違うだけじゃない!『Switch Lite』の特徴と注意点まとめ

2019年12月7日